フィンランド旅行2020年冬1~初めてのラップランド

2020FINLAND35トナカイファーム

2020年2月。私達は昨年秋ごろから計画していたフィンランドへ行ってきました。
その頃のフィンランドは、まだコロナの影響がなく通常の旅ができました。
日本ではダイヤモンドプリンセス号の話題でもちきりだったので、むしろ仙台から関東への移動が心配でしたが、無事に出発できたという印象でした。

極寒のフィンランドへ

この頃の成田空港とフィンエアーの機内食(エコノミー)

成田発11:55~ヘルシンキ着15:10
ヘルシンキ発16:20~キッティラ着17:50
専用バスで移動時間15分程度キッティラ~レヴィへ。
この頃の成田空港は、まだ渡航制限などはされていませんでした。
空港内はマスクをしてる方々が多くいたと思います。
私達も感染予防や乾燥対策に不織布マスクをしていきました。
2020FINLAND1
2020FINLAND2
今回は憧れのフィンエアーです!行きは、エコノミーで帰りはビジネスなので、お土産たくさん買えそうですし、ゆったり帰れます。
機内はマリメッコのものが使われています。
2020FINLAND3
2020FINLAND4
機内食に使われる紙コップやナプキンなどもマリメッコでカワイイですよっ。
フィンランドへ出発!という事で、フィンランド代表格のビール(KARHUカルフ)でカンパイ。そして出された機内食もそれぞれ美味しかったです。
フィンエアーでは食事の時間外でもギャレー付近にお菓子やジュースなどの飲み物があり、いつでも利用できます。
2020FINLAND5
2020FINLAND6
2020FINLAND7
2020FINLAND8
2020FINLAND9
2020FINLAND10
ヘルシンキ・ヴァンター国際空港は、観光客などでごった返していました。
キッティラへの乗り継ぎ時間はすぐなので、滞在もわずかでした。
2020FINLAND11
飛行時間1時間半ほどでキッティラに到着。こじんまりした空港ですが、中はモダンな装飾がされていて北欧にきたんだな~と実感しました。
ツアーの数名に荷物の到着がまだされていないというアクシデントがあったものの、取りあえずバスに乗り換えて宿泊先のホテルへ向かうことに。
2020FINLAND12
2020FINLAND13
2020FINLAND14
2020FINLAND15

大人気!大人リゾートのレヴィ

スノーモービルでトナカイファームへ~そしてオーロラチャンスは?

やっと今日の宿泊先のソコス レヴィに到着。ここはヨーロッパなどで大人気のリゾート地で、歩いてすぐにスキー場などがあり、いろんなアクティビティも楽しめます。
もちろんレストランやバー・お土産屋さんやスーパーなどもあるので何かと便利です。
2020FINLAND16
2020FINLAND17
この日泊まるホテル、ソコス レヴィの私達のお部屋は別棟にあり、中はとても暖かくてサウナ付き。シャワートイレ完備。そしてアメニティやタオルも十分あって嬉しいです。
ここでは2日連泊なので、ゆったり寛げました。
2020FINLAND18
2020FINLAND19
2020FINLAND20
2020FINLAND21
2020FINLAND22
2020FINLAND23
2020FINLAND24
ついてすぐに街中を散策&オーロラを見に出かけてみましたが、曇り空だった為、残念ながら見れませんでした。
お部屋に戻り、芯から冷えた身体をサウナで温めて過ごしました。下着も洗濯をしてサウナ室に入れたら、すぐに乾いたので良かったですよ!
でも生地が傷む恐れがありますので、サウナの温度設定を気にしつつ、傷んでもいいものを持っていくといいでしょう。
2020FINLAND25
2020FINLAND26
2020FINLAND27
2020FINLAND28次の日の朝、しっかり朝食をとって、いざスノーモービルサファリへ。
フィンランドはスノーアクティビティの会社があり、受付で必要な道具がレンタル出来ます。スノーモービルは、ヘルメットや防寒着、手袋や靴下、ブーツなどを借りて着替えます。
私達は極寒に対応できるものを持ってきているのでレンタルはブーツと手袋とヘルメットだけ。
相当寒いよと言われましたが、着るものは自分にあったものが良かったのでお断りしました。結局のところ、全然寒くなかったです。(さすが日本製!モンベルは世界に通用します!!)
2020FINLAND28-1
2020FINLAND28-2
2020FINLAND28-3
2020FINLAND29
準備が終わり、みんな集合してスノーモービルのレクチャーを受けます。
でもレクチャーと言っても単純な操作のようです。私は後ろに乗って撮影専門となり、運転は夫に任せました。
教える人がどことなく、サッカーの本田さんに似てるなぁなんて思いながら、聞いていました。
2020FINLAND30
2020FINLAND31
2020FINLAND32
いざ出発!!
みんな連なって走ります。ちゃんとスノーモービル専用の道やバックカントリー専用の道などがあり、事故のない様に気をつけながら走行します。
途中、凍った湖の上なども通って、爽快な気分を味わえました。
結構な距離を移動したのですが、この日は吹雪いてなかったので、そんなに寒くなく目的地のトナカイファームまで行きました。
到着すると、民族衣装を着たスタッフがいて昔から続くトナカイとの関わりなどの話しを聞いたり、トナカイぞりに乗ったりしました。
そこのファームでは、元気に犬がトナカイぞりの「警備」をしながら、私達を乗せたトナカイぞりの安全を守っていました。
前へ後ろへと走り回っているので、途中ノドが乾いたのか、雪を食べていました。現地の犬はたくましいです。
それにネコちゃんもひょこっと出てきました。人懐っこいネコで、撫でさせてくれてました。
2020FINLAND33
2020FINLAND34
2020FINLAND35
2020FINLAND36
2020FINLAND37
2020FINLAND38
ソリの後、休憩タイム。
暖かい飲み物やドーナツ・クッキーなどが振舞われて、身体がポカポカしました。他のツアー客もいたのですが、どうやらフランス人の方々みたいでした。
ここの他にレストランでもホテルのロビーでも、結構フランスの人たちがいたように思います。
ホントにヨーロッパでは人気なリゾートなんだなぁって思いましたよ。(特にフランスの方々)
休憩を終え、またスノーモービルで帰ってきて、受付で着替えて解散。
ちょうどお昼ごろだったので、帰りしなスーパーへ立ち寄って買い物をしました。
サンドイッチやら、飲み物、ヨーグルトなど買いましたが美味しかったです。
2020FINLAND39
2020FINLAND40
2020FINLAND41
2020FINLAND42
2020FINLAND43
2020FINLAND44
2020FINLAND45
2020FINLAND46
夜にオーロラツアーを予約していたので、お昼はゆっくり、お部屋で休憩して少し早いディナーへ。
スノーモービルから帰ってくる時に、気になっていたイタリアンのRENNAというお店。
看板からするとカジュアル的な感じなので、そこで食事を摂ることに。
大人気のお店の様で、やや早い時間帯にも関わらず、ほぼ満席状態でした。
私達は丁度席が空いたタイミングだったのか、そんなに待たずに席に通されました。
軽めに済ませたかったのですが、出てきたパスタは結構ボリュームがありました。周りを見てみたら、ピザも大きくボリューム満点な感じ。
味は、とっても美味しかったですよ。
2020FINLAND47
2020FINLAND48
2020FINLAND49

オーロラハントツアーが一転、映画『雪の華』ロケ地ツアーに

食事を終えて、私達は初めてのオーロラツアーへ行くとこに。バスでよく見えるポイントへ移動するツアーです。
フィンランドの北部を指すラップランドでは、オーロラベルトの下でもあるので見る確率が格段に上がります。私達は、そう考えてツアーに参加をしたのですが、当日の天候は雪。
その上に結構な吹雪。。。
という事で、現地在住の日本人ガイドさんが映画「雪の華」のロケ地へ連れて行ってくれました。
私は、行きの機内でフィンランドへの思いを馳せながらと、初めて「雪の華」と「かもめ食堂」を観たのですが、その観たばかりの映画のロケ地だったので、吹雪いて大変ではありましたが、嬉しかったです。
「雪の華」は2019年2月に公開された登坂広臣さん(三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)・中条あやみさん主演のラブストーリーです。
2020FINLAND50
2020FINLAND51
2020FINLAND52
2020FINLAND53
2020FINLAND54
2020FINLAND55
2020FINLAND56
2020FINLAND57
2020FINLAND58
二人が最後出会う場所。ここは、夏場は川になってる所だそうです。
2020FINLAND59
二人がレストランで食事したところ。店内は、階段を下りていくそうです。
2020FINLAND60
ここは、ホテル近くのゲレンデ山頂。上にも立派なリゾートホテルがあります。
この時は、ポルシェを使った運転免許合宿があったようで、その打ち上げパーティを1階の会場で行われていました。
ゲレンデに出て、眼下のキレイな夜景も吹雪でモヤってます。今回は残念でしたが、まだチャンスはあります!
それにガイドさんにオーロラを見つけるコツも伝授して頂きました。
今後に生かしたいと思います。
2020FINLAND61
2020FINLAND62
2020FINLAND63
2020FINLAND64
2020FINLAND65
2020FINLAND66

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です