フィンランド旅行2020年冬2~異空間スノーヴィレッジと贅沢!お部屋でオーロラ鑑賞

2020FINLAND69

ユッラスで見た 期間限定!スノーヴィレッジの全貌

見ごたえ抜群!!冬の芸術作品満載のスノーヴィレッジ

次の日の朝、カーテンを開けたら晴れていました。
夕べ行った山頂のホテルが部屋からも見れます。
朝食はワッフルを焼いてみました。
セルフだったのですが、上手に出来たと思います。美味しかった!
2020FINLAND67
2020FINLAND68
ホテルを後にして、バスでユッラスへ1時間ほどの移動。
目的地はスノーヴィレッジです。季節限定でオープンしているようで、毎年テーマにそって各部屋が異なるデザインで作られる雪と氷のホテルやアイスバーなどがあります。
私達は見学のみさせてもらいます。
もちろん実際に泊まれるのですが、極寒に耐えられる方はどうぞ。。。
雪の洞窟に入るとお部屋や通路、あらゆるスペースにアーティストたちの力作があります。
別世界へ足を踏み入れたような感じがしました。
2020FINLAND69
2020FINLAND70
2020FINLAND71
2020FINLAND71-1
2020FINLAND72
2020FINLAND73
2020FINLAND74
歩いていくと開けた場所にアイスバーがありました。
せっかくなので、飲んでいこうと注文したウォッカ。
もちろんグラスも氷で出来ていてキンキンに冷えているのですが、アルコール度数がかなり高いので、飲むとカーッときて少し温まりましたよ。
こうなると当たり前ですが、席も氷のテーブルと椅子でキンキンです。
2020FINLAND75
2020FINLAND76
飲み終えて、お部屋見学へ。どのお部屋も独特なデザインで素晴らしかったです。
でも極寒に耐えられるかという問題の他に、この部屋で落ち着けるかな?というのも感じたかな(笑)
2020FINLAND77
2020FINLAND78
2020FINLAND79
2020FINLAND80
2020FINLAND81
2020FINLAND82
2020FINLAND83
2020FINLAND84
2020FINLAND85
2020FINLAND86
通路にはいろんなオブジェや、スノーヴィレッジが出来るまでのビデオを流していたシアタールームみたいなところや、氷のレストランもありました。
2020FINLAND87
2020FINLAND88
2020FINLAND89
2020FINLAND90
2020FINLAND91
2020FINLAND92
一通り見学して、ランチの時間。氷じゃないレストランもあります。
ここでは、スープバーがあり、数種類のスープが食べ放題。パンと一緒に頂きます。
これだけ?って思うかもしれませんが、具沢山のサーモンスープやトナカイスープ、ビーツのスープなど、いろいろ食べ比べしたのでお腹いっぱいだし、とっても温まりました。
ちょっとスパイシーなものもあって美味しかったですよ!
2020FINLAND93
2020FINLAND94
2020FINLAND95
2020FINLAND96
2020FINLAND97

室内でオーロラ鑑賞!贅沢空間ゴールデンクラウンでオーロラが?!

プライムスーペリアイグルーのお部屋は?そして念願のオーロラ鑑賞

ランチが終わり、お土産屋さんで買い物などをして、またバスでレヴィへ移動。
この日、私達が泊まるホテルはゴールデンクラウンという所。ここは、丘の上にある全27棟のガラスイグルーのお部屋で出来ているオーロラ鑑賞に特化したホテルです。
ガラスイグルーというのは全面ガラス張りのかまくら型のお部屋のことです。
サーモガラスという特殊な素材を用いて建てられているので、寒い冬でもまったく曇ることなく、暖かい部屋からオーロラが観られるという贅沢で夢のようなホテルです。
私達はプライムスーペリアイグルーというグレードなのですが、お部屋の前方に他の部屋がなく、丘や森に向かって建っているので、どの明かりも邪魔される事がありません。
レセプションは別棟で、そこから各部屋へ。借りたそりに荷物を乗せて行きました。
2020FINLAND98
2020FINLAND99
2020FINLAND100
中に入ると、すぐ左には簡易キッチン。ネスプレッソや食器、電子レンジなどがありました。
2020FINLAND104
右にはシャワー室とトイレ(シャワートイレ完備)、アメニティやバスタオルもちゃんとありました。
2020FINLAND105
2020FINLAND106
そして、中央を進むとベットが2つ並び左右側にソファやバゲージラックがありました。
ベットはリクライニング式で前方に現われるオーロラを寝ながら待つことができ、かつ見ることができます。
ポカポカしているので、本当に寝ないように注意しないといけないですが、とっても快適でした。
それから、エアコンは日本製の三菱 霧ヶ峰でした。ここにも日本製のがあって、何だか嬉しい気分になりました。
極寒の地でも暖かかったですよ!
そして一番前のテーブルには、ウェルカムシャンパンとチョコレートが置いてありました。
何せお部屋が全面ガラス張りなので、下の方にだけカーテンがある感じで、着替えをするときは気をつけましたよ。
部屋全体の照明も極力明るくならないようにしてあります。本当にオーロラ鑑賞に配慮しているお部屋です。
2020FINLAND102
2020FINLAND103
2020FINLAND107
暗くなるまで、少し時間があったので、部屋の外からはどんな感じかな~なんて部屋の隣に少し圧雪した道(すぐ行き止まりになってます)があったので、そこまで行き、自分の部屋を見てみました。
夫に部屋から立ってもらいましたが、やっぱり丸見えですね。
まぁ、前面には誰もいないし、部屋脇の道も各部屋に作られていると思うので自分たち専用のようになっています。横だけ気をつけていれば大丈夫。
2020FINLAND101
辺りが暗くなってきて、ディナーの時間になったので、レセプションの方に向かいます。
中に入って左に行くと、レストランになっており、2階は天井がガラス張りになっていて、万が一オーロラが出現しても見逃さない様になっています。
この日のディナーは1階席でしたが、オーロラ予測時間より少し早い時間だったので、ゆっくりと食事を楽しみました。
初めて食べるトナカイのステーキは、臭みがなくとっても柔らかいお肉でした。
2020FINLAND108
2020FINLAND109
2020FINLAND110
2020FINLAND111
2020FINLAND112
2020FINLAND113
食後は、近くにあるKOTA(コタ)へ。
KOTAとは小屋のことで、中に入ると暖炉があって、とっても暖かいです。そこで、温まりながらマシュマロを焼いて食べました。
少し皆さんとおしゃべりして、それぞれ各部屋に戻りました。
2020FINLAND114
2020FINLAND115
今か今かと空を見上げながら、カメラのスタンバイをします。
予測時間が近づき、出るかな?と心配になりつつも、空を見ていたら、ぼんやり雲のようなモヤのようなものが浮かんで見えました。
私はiPhone11で撮ってみました。撮れるかどうかが心配でしたが、シャッタースピードなど細かい設定を、あまり気にしないで即撮れるのでラクチンです。
ちょっとするとモヤがどんどん明るくなってきて、それがオーロラだとわかりました!
前日のオーロラハントのスタッフの方に目で見ると雲のような感じだけど、カメラで撮ってみるとわかるよと教えてもらったように、ホントにカメラで撮るとわかりました。
この日は、雲に邪魔されて少し弱いオーロラでしたが、ちゃんと見れましたよ!!そしてiPhone11でも、ちゃんと撮ることが出来ました。
お部屋の中からと、外に出ても撮ってみました。
2020FINLAND116
2020FINLAND117
2020FINLAND118
そして古いカメラですが、ちゃんと設定して夫が撮ったオーロラがこちらです。
2020FINLAND119
少しの時間でしたが、出来る限りいろんな写真を撮りました。とりあえず目的のオーロラが観られて良かったです。
しかも、暖かいお部屋の中からも観る事が出来て貴重な体験をさせていただきました。
次の日の朝、朝食を摂りにレストランへ。夕べ、2階に行けなかったのでモーニングは2階で摂りました。
その時に、同じツアーの方々と夕べのオーロラの話をしたのですが、気づかなかった人もいて観れなかった様でした。。。
夕べ撮った写真を見せたら「えーっ!見逃した!!」と悔しがっていました。私達はハントツアーでの悔しい思いもあったので、今日こそは!と粘った結果だと思いました。
そして教えてくれたハントツアーの現地スタッフの方のおかげでオーロラと一緒に撮ることも出来たのだと思います。
2020FINLAND120
2020FINLAND121
2020FINLAND122

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です