自分を大事にする気持ち。

ピアの輪

妊活をしていると、どうしてもネガティブになり、心が不安定になりがちです。
昨晩放送の「隣の家族は青く見える」(フジ木曜10時)でも、主人公は義理の妹のおめでたにみんなが喜んでいる中、自分は喜ぶことができなかった。そんな自分が嫌になる。
と旦那さんに打ち明けていました。
これまで抱えてきたモヤモヤが溢れ出すかのように泣きながら。
そんな主人公の気持ちを優しく受け止めて話しを聞いてくれる旦那さん。
とても素敵な場面でした。
妊活中は、この心の不安定さが自分で思っている以上に大きく、その差が大きくなればなる程、前向きにならなきゃと無理に考えてしまいます。

そもそもポジティブにならなきゃいけないのでしょうか?

もし失敗したらと考え、ついいろんな心の準備をしてしまいますが、
それは実は役に立たない心の準備なのです。
だから悲しんでもいいって考えてみるのはどうでしょう?

そして妊活中もそうですが、いろんな場面で思い悩んでしまう事があると思います。
そこから抜け出す方法としてオススメなのは自尊心を取り戻すこと。
同じ境遇の方々の集まりに参加して、お話を聞くだけでも気持ちが安心するし、本を読んだりするのもいいと思います。

例えば、ある紙面広告の一文をご紹介します。

これでいいのだ。
それは、赤塚不二夫さんが、漫画の中で幾度もくり返してきた言葉。
現実はままならない。うまくいかないことばかり。
毎日のほとんどは、これでよくないのだ、の連続だ。

自分を責めて、誰かを責めて、何かを責めて。
そして、やっぱり自分を責めて。

だけど、ためしてみる価値はある。
あなたが、もうこれ以上どうにもならないと感じているのなら、余計に。

胸を張る必要はないし、立派になんて、別にならなくたっていい。
“あなたは あなたでいいのだ”
あなた自身がそう思えば、世界は案外、笑いかけてくれる。
人生は、うまくいかないことと、つらいことと、つまらないこと、
そのあいだに、ゆかいなことやたのしいことがはさまるようにできているから。
どうか。あなたの人生を大事に生きてほしい。

ぜひ、今の自分を認めてあげてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です